読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジジ子&リクオの森と海の生活

〜 The Road to Offgrid Life ... Let's take a minute to think about what it means to "go green".〜

【一切の使命から自由になること】〜素敵な贈りものとともに〜

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151127211813j:plain

相変わらずジジ子は退屈そうです…(笑)

 

 

 

**********************************

 

 

【花舗 ぽれぽれさんから開店祝いのお返しを頂きました。】

 

 

 

 

ぽれぽれさんからクリスマスプレゼントですと

はるばる送ってくださいました。

 

 

 

手作りものです。

 

 

 

 

これ  ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224090707j:plain

 

 

 

 

むちゃくちゃ素敵なブリザードフラワー。

わざわざお造りいただいたものです。

 

 

 

雪国の森のイメージでしょうか、

かなりセンスいいです。

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

中央のほうにミニチュアの動物が…

よく目を凝らして見ると……

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224091130j:plain

 

 

おおっ!!

 

 

 

これは!!

リクオ&ジジ子ではないかっ!!

 

 

 

 

カワイイーーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

 

 

ビックリ!!

同封のお手紙には

 

 

   リクオくんとジジ子ちゃんが森にいるのをイメージして作りました。」

 

 

と書いていただいてました。

 

 

 

 

すごく感激しました。

これは私のハートをつきましたねー。

 

 

 

一生の宝ものになりました。

ありがとうございました。

 

 

 

ぽれぽれさんのブログ

↓   ↓   ↓   ↓

 

naniwa-hanamaru-chukichi.hatenablog.com

 

 

 

 

おしりジジ子と記念撮影  ↓   ↓   ↓  ↓

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224092105j:plain

 

もっとちゃんと撮りたかったのですが、

ジジ子はよく動くので、なかなかいい写真が撮れず……

 

 

 

すぐ遊びたいモードに入ってしまう。

このように…  ↓   ↓   ↓   ↓

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224092427j:plain

このイスの穴から手を突っ込んで遊ぶとか(笑)

遊び好きなおてんばさんです。

 

 

 

 

***********************************

 

【久々に料理写真】

 

 

大阪、石垣から帰ってきて久々に家で作ったものは…

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224093024j:plain

 

 

春じゃなけれど、

春野菜の玄米アルデンテリゾット。

 

 

 

雑炊、おじや、おかゆのように柔らかすぎず、

プチプチした歯ごたえのあるリゾットらしいものに。

 

 

 

それと、これ  ↓   ↓    ↓   ↓

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224093731j:plain

 

 

カスタードクリームのタルト。

 

 

急いで作ったので、上に乗せるトッピングを

とりあえず妻のお母様から送っていただいた

ミカンを剥いて、適当にのせたので見栄えは悪いですが…

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151224094615j:plain

 

 

カスタードクリームとタルトベースは

バター、生クリーム、玉子、牛乳は不使用。

 

 

特に動物性油脂を使用しないことに

こだわっているわけではないけれど、

使わない旨さが好きですし、何より

無駄なく、経済的、材料調達の手間も省けて

パッと作れてしまうので、自分の目分量でやってしまえます。

 

 

 

バターと生クリーム、玉子素材のスィーツの味に慣れている人は

物足りないかもしれないけれども。

 

 

 

当然、カロリーも脂肪分も低いでしょうから、

パクパク食べれてしまう。

 

 

 

他にも作りましたが、今日はこのへんで。

 

 

 

**********************************

 

 

講演の話は会場を準備して何回かシリーズで…

というようなことをこの間おっしゃられて、

それは期間を要するので、まずは施設で毎月行なっている

こころ塾の来月の時間をお願いできませんかとのこと。

 

 

テーブルを囲んで輪になって…

という感じだと思う。

 

 

講座…特に受講者である人の反応というものは

なんか不思議なもので、昔、◯◯市や◯◯◯市など、

官公庁主催の講座の講師依頼が続けてあった頃、

ものすごく熱心に聞いてそうな人が、実は

全然聞いていなかったり、特にかなりの確率で多いのは

 

 

 

    「良かったです!次も絶対来ます!」

 

 

 

と意気揚々で言ってくる人たちは

たいがい来なくて、それっきりということ。

 

 

 

逆に講座中、すごく恐い表情をして(もちろん本人はそんなつもりはなく)

面白くなさそうにしている人たちからは例えば後日、

その人から涙ながらに電話がかかってきて、

 

 

      「感動しました…」

 

       「一人暮らしの不安だらけの年寄りでいましたが勇気が出てきました」

 

 

 

と感謝していただいたり。

 

 

 

 

そういう経験をしてくると人の反応って

それなりのパターンはつかめてくるけれど、

やっぱり読めないことだらけで。

 

 

 

人は印象やちょっと付き合ったぐらいで

その人のことを「こういう人だ」とは決められないし、

ましてや第一印象なんかでその人の人となりを

判断することはすべきではない。

 

 

 

のに、現代社会はとかく第一印象が大事…

などという。

 

 

 

**********************************

 

 

 

ところで話は元に戻って、

毎回、そのこころ塾の講師をなさっている先生は

山元君枝先生といって、以前、チラリとお会いして、

少しだけ施設のスタッフさん方を交えてお話しをしたことがある。

 

 

その先生が、私の話を聞きたいとおっしゃってると

施設の代表の方から聞いた。

 

 

その山元先生に寄せられた受講生からの感想文は

1万通近いのだそうだ。

 

 

 

この先生  ↓   ↓   ↓   ↓

 

www.sbrain.co.jp

 

 

 

 

 

“人間はなんの使命も持ってこずに生まれてきた。

一切の使命から自由になること、

もっと自由に過ごせるような世界にしていくこと、

今、世界が幸せになるために必要なことは、

もっと自由に過ごせることが許される世界、

そのために求められること、それは、

人間はなにもしてはならないということ。

思いきって「やめる」こと、

「なにもしない運動」をしなければならない……”

 

 

 

 

 

 

 

       ……なんて言うと怒られるかなぁ(笑)

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんな言い方はしないですけどね。

 

 

 

 

宇宙の理から理解する必要があるね。

今のほとんどの人たちって、

 

 

 

なにか大きなこととか、

なにかすごいこととかを話題にしたがる感がある。

 

 

 

 

「◯◯さんっていうすごい人がいて、なにがすごいかというと…」

 

 

 

 

立場上、そういう始まり方をする話を

よく聞かされたりすることがある。

 

 

 

昨日もある集まりで、タイにすごい人がいて

オーガニックの農園を立ち上げて、

世界のあちこちからそこの様子を見に来るぐらいな……

 

 

 

という話を聞かされた。

 

 

 

一応、へ〜とか、ほぉ〜とか、ふ〜んとか

その場の話に合わせるけれども、

今の自分的には

 

 

      「大きな話」や「すごい人の話」

 

 

というものには

サッパリ興味がなくなってしまっていて。

 

 

 

もちろんその功績たるや、素晴らしいことでしょう。

しかし、すごいすごいといわれても、なにかときめかなくなっている。

随分、自分も変わったものです。

 

 

 

 

 

 

 

宇宙の理…といっても自分が言うものは、

みんなが抱く、大きなスケールのものではなく、

人間として今、生きているという立場を大事にして

生きていってほしいということが宇宙の意思であり。

 

 

 

身分相応…と言いましょうか、

足元の一葉の雑草とともに生きるということ、

そしてそれを大事にして生きるには…

という、もっとミクロな世界に宇宙を見、

もっとシンプルに生きるという、それは現在、

非常に難しくなってきている…

 

 

 

難しくなってきているけれども、考え方の仕組みがわかれば、

それは可能になってくるし、見通しも良くなって、

見通しが良くなれば、楽になっていくということ。

 

 

 

宇宙を天に仰げばとてもロマンティックだし、

ハイヤーセルフなんていうのも考えるだけで

ワクワクするだろうけれど、

 

 

 

人間として生きている今を大切に生きるためには、

 

 

 

     「雑草を大切にする日常を取り戻す」

 

 

 

ことが先決であると信じている。

 

 

世の中のすべてがすごいんだから。

何かが飛び抜けてすごいのは自然ではない。

 

 

 

 

 

 


Dan Gibson - In Their Gentle Presence (1 hour)

 


RELAXATION ABSOLUE ( Dan Gibson et D. William Gibson )

 

(両方、1時間ほどありますので)