読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジジ子&リクオの森と海の生活

〜 The Road to Offgrid Life ... Let's take a minute to think about what it means to "go green".〜

【与えるのではなく手を貸す…ということ】〜バナナ、自然が育む酸味と甘みと香りは究極の癒しに〜

【南の楽園へ…】 【植物】

  

前回の更新がなんと2ヶ月以上前。

 

 

そんなに経ったのかとびっくりしています。。。

この冬には電波が繋がるデバイスを手に入れようかと。。。

 

 

 

他ブログへ訪問しきれずスミマセン……

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20160729100426j:plain

 

で、ずいぶん前になるのですが、

庭で育てているバナナのその後は…というと……

 

 

 

jijikolikuonomorinoseikatu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20160729100245j:plain

 

 

  

 

出来上がっていました。

はちきれんばかりの実が。 

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20161028141340j:plain

↑ 木から収穫したばかりの

   これが……

 

 

 

 

 

 

 

↓ 追熟させると、こんなにおいしそうに。

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20161028141528j:plain

 

 

たわわな状態で黄色くなったところを撮りたかったのですが、

あまりにも美味しくて、あっという間に食べてしまった……

 

 

 

 

本州のスーパーで売られているバナナ(輸入物)って

今までは甘いばっかりであんまり好きでもなかったのだけれども

自然界に育てられるバナナは甘いだけでなく、

酸味があって美味しい。

 

 

その酸味とは『果物らしい』ともいうべき

酸味なのです。

 

※ こればっかりは言葉では表現できるはずもなく……

 

 

 

そしてあくまでも感覚的ですが、

身体にも良さそうな味がします。

 

 

輸入ものは薬ずけで食べる気しないのですが、

ここでのバナナは肥料なし農薬なし、

 

 

 

『何も加えていない』のですね。

それでいてこれだけの美味。

 

 

 

加えてはいないけれども『何もしていない』わけでもなく、

まわりの子株を伐採して間引いてみたり、

足元をきれいにして風通しを良くしたり、

枯れた葉は切り落としていったりバナナの木が、

 

 

        『気持ちよく過ごせるように』

 

 

はしていました。

 

 

 

すると……

 

 

 

何もしていないものよりも、『実が大きくきれいに』 

実ったわけです。

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20161028144716j:plain

↑ 左が放任して手をかけてないほう、右がお世話した木になったもの

 

 

 

 

同じ種類の、近くに生えていた木ですが、

実のなりかたが明らかに違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆『与えるのではなく、手を貸す』ということ

  

 『勇気や感動というものは与え与えられるものではなく、

                     自らで創り出し、自らで感じるもの(自給自足)』

 

 

とは私の持論ではありますが(違うといわれるかもしれなくても)

このバナナの栽培ででも言えることかなと思い……

 

 

人はよく、

 

 

       『何かを他に与えることによって喜ばれる』

 

 

 

と思いがちですが、自然界においては与えることによってではなく、

手を貸すことによってのみ、自然が自然であり、

自然たらしめているように感じます。

 

 

 

     『与えることが出来なければ喜ばれないのかもしれない……』

 

 

 

と思うのは人間だけではないかと。

別の言い方をすると、それは

 

 

      『使命』

 

 

という言葉に置き換えられるかもしれません。

 

 

 

最初は良きことをしているとなってても、

だんだんそれが物体なき『脅威』となり、

いろんな悲劇が始まっていく場合がある気がします。

 

 

 

『自然界だって食べて食べられて循環して行っているのでは?』

と思われるかもしれませんが、自然界は質量保存の法則によって

成り立っているようです。(用語の使い方間違っている!と言わないで)

 

 

 

液体である水が蒸発して水蒸気となり

天に向かっていって軽くなったような感じがしても、

森羅万象においてこの世の全体を見てみると、

重きについては等しく、同じ質量を保っている。

 

 

 

植物たちは酸素を供給してくれていますが、

植物たちもわれわれの出す二酸化炭素があってこそ、

それを可能にしています。

 

 

「持ちつ持たれつ」は決して「ギブアンドテイク」ではない、

ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

損も得もなく、成長していく自然界……

何やら矛盾しているような言い方かもしれませんが、

 

 

 

与えなければ………

なんて思う必要もなく、

与えられたい……

と思うのも……

 

 

 

与え与えられる…のではなく、

手を貸し、貸してもらえるということ……

 

 

 

バナナに。

教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20161029151904j:plain

 

↑  ↑  ↑

ジジ子姫には理科の本は必要ないみたいです(笑) 

スヤスヤ💤