読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジジ子&リクオの森と海の生活

〜 The Road to Offgrid Life ... Let's take a minute to think about what it means to "go green".〜

【緑の人間革命】〜それだけで この世は変わる。人間は『何もしなくても』楽しかったのに〜

【植物】

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151122234314j:plain

 

 

 

 

 

 

・・・・・ 風     心 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

                                      福岡 正信

 

 

人類文明の遠心的な発達は  

     極限に達した。

 

 

このまま膨張し、崩壊してゆくか、

反転して、求心的に収縮するか。

 

 

滅亡か

復活か

岐路に立つ人間。

 

 

足もとの大地は崩れ始め、

天も暗くなった。

 

 

肉体の崩壊が

医学の混乱をまねき、

 

 

精神の分裂が

教育の昏迷となり、

 

 

社会の不安が

道徳の荒廃につながる。

 

 

これでよいのか?

 

 

人々は苦慮して、泣き笑い

何をしてよいのか、わからないまま右往左往する。

 

 

それでもなお、ただ一途に人間の智慧を信じ、

『何かを為すことによって矛盾を解決できるだろう』

と、期待する。

 

 

 

馬鹿な動物は、

馬鹿なことを知らないから馬鹿をしない。

 

 

利口な人間は、

馬鹿馬鹿しいと知りながら馬鹿をする。

 

 

終末の近いのを知って、

未来の夢を見る。

 

 

地球の汚染を嘆くもの、

人間の智慧を誇示するもの、

みんな人間を愛しているのだが、

 

 

誰が自然を守護し、

誰が人間を混乱に陥れているのかが

わからない。

 

 

 

鎮守の森は、

植物生態学者や百姓が造ったのではない。

 

 

 

人間を守るのは…

裁くものは誰か。

 

 

 

瀬戸の海が石油で汚染され、

養殖ハマチが全滅した。

 

 

 

 

 

 

漁夫が激怒したが、考えてみると、

 

 

魚をとる網が石油製品(ナイロン)になり、

船をガソリンで走らせるようになって、

漁獲量が急増したが、

翌年から魚が急減して、

養殖漁業に切り替えた。

 

 

 

その養殖ハマチが石油で殺された。

汚染がひどくなり、赤潮が発生した。

 

 

 

魚も    ノリも死んだ。

海も死んだ。

 

 

 

    『瀬戸の魚の味を返せ』

 

 

 

と、すし屋のおやじが先頭に立ち、

主婦たちが騒ぎだし、工場に押しかけると、

 

 

 

     『工場の排水より農民の化学肥料や農薬が河に流れこみ、

                赤潮の原因になっているのだ。なぜ百姓を責めないのか?』

 

 

 

と、開きなおる。

 

 

 

 

 

 

 

農民のところに行けば、

 

 

        『米が減産してもよいのか?』

 

 

と言う。

 

 

 

 

 

 

市役所の窓口に行けば、

 

 

        『汚染処理場の用地を提供するのが先決だ!』

 

 

と、はねつけられる。

 

 

 

 

 

 

 

赤潮対策の名案を学者にうかがうと、

 

 

         『超短波の光線で、プランクトンは簡単に殺せる。』

 

 

と言う。

 

 

 

 

 

 

 

 

プランクトンが死滅して、海底に堆積したら、

何万年か後には石油になる。

 

 

なるほど、名案だが、

それまで人類は生きられない。

 

 

いっそ瀬戸内海を『ヘドロの海』にして、

プランクトンを培養して、石油の原料にしたら、

石油不足も解消できる。

 

 

 

そうなりゃアラブの石油はいらぬ。

 

 

 

大型タンカーを、マレー沖に沈めたり、

石油タンクの破損の心配もなくなる。

 

 

 

こりゃ名案だ……

だが、待てよ…

 

 

 

大型タンカーが不要になれば、鉄が不要になり、

製鉄所の電力需要が減る。

 

 

すると原◯力発◯所の建設にもヒビが入る。

それでは労働者は飯が食えない。

 

 

さて……

 

 

 

科学者が追う、果てしない夢、

することはまず、こんな利口なことである。

 

 

 

ああ、しんどい話になった、

もう一度、最初を振り返ってみよう。

 

 

 

問題は、

人が善いか悪いかを考え、

自然は『善だ、いや悪だ』と、

争い始めたときから出発した。

 

 

 

        自然は     善でも    悪でもない。

 

 

 

自然は弱肉強食の世界でも、

共在共栄の世界でもないのに、

勝手に決めつけたのが間違いの根だった。

 

 

 

人間は『何もしなくても』楽しかったのに、

『何かすれば喜びが増す』ように思った。

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151122235001j:plain

 

 

 

物に価値があるのではないのに、

物を必要とする条件を作っておいて、

物に価値があるように錯覚した。

 

 

 

すべては自然を離れた人間の智恵の

ひとりずもうだ。

 

 

 

無智、無価値、無為の自然に還る以外に、

道はない。

 

 

 

一切が空しいことを知れば、

一切が蘇る。

 

 

 

これが、

 

 

田も耕さず、

 

肥料もやらず、

 

農薬も使わず、

 

草もとらず、

 

 

 

しかも驚異的に稔った、この一株の稲が教えてくれる、

緑の哲学なのだ。

 

 

 

 

        『種を蒔いて、わらを敷く』

 

 

 

 

それだけで、米は出来た。

 

それだけで、この世は変わる。

 

 

 

 

 

 

 

緑の人間革命は、

 

 

      『わら一本から可能』

 

 

なのだ。

 

 

 

 

誰でも   今すぐ   やれることだから。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

f:id:jijikolikuonomorinoseikatu:20151122234615j:plain

(化成肥料 = 化学肥料)

なぜ効果が早く出るのか…?